▲TOPへ戻る

院長のご紹介

院長からごあいさつ

院長:寺内 智子
院長:寺内 智子

平成20年4月より、産婦人科外来を開設しました。思春期から妊娠・出産・更年期を経てご高齢の方まで、地域の女性の健康をサポートさせていただきたいと思っております。また引き続き、内科全般の診療もお受けいたしております。3児の母でもある女医・寺内智子が親切丁寧に対応させて頂きます。
夫・寺内公一が東京医科歯科大学付属病院 産婦人科に勤務致しておりますので、手術等が必要な方はそちらへご紹介することも可能です。2016年は良性腫瘍・悪性腫瘍・腹腔鏡下手術等で36名の方が東京医科歯科大学付属病院で手術を受けられました。(寺内公一に関しましてはこちらをご参照ください。http://joseikenko.com/professor.html
小さなことでも、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い致します。

講演活動

中野区の女性を対象に講演活動を行っております。
今年度は子育て中のお母さまを対象に、女性ホルモンに関わるお話をします。月経・妊娠・避妊・更年期障害などを中心に女性に役立つ情報をお伝えいたします。託児もあるのでゆっくりお話を聞くことができますしインストラクターからベビーダンスの講習も受けられます。詳しくは区報をご参照ください。
なお募集開始から数日で定員に達しますのでご希望の方はお早めにお申し込みください。

2019年度講演(詳細は中野区報に掲載されます)

南部すこやか福祉センター 5月30日   9月19日
北部すこやか福祉センター 6月20日 10月17日
鷺宮すこやか福祉センター  7月 4日 11月19日
中部すこやか福祉センター  8月 1日 12月12日


性教育活動にも積極的に参加しております。昨年度は都立鷺宮高校・町田市立山崎中学・中野区立第七中学・中野区立北中野中学の生徒さんたちへの講演を致しました。また中野区児童館館長対象の講演なども行っております。

2019年度講演

都立鷺宮高校   7月9日
都立山吹高校   10月24日

寄せ植えの楽しみ

ギャザリングという新しい手法で作った寄せ植え
ギャザリングという
新しい手法で作った寄せ植え

寄せ植えってご存知ですか?

私は20年ぐらい前から自宅で寄せ植えを楽しんできました。

季節ごとに色々な植物を組み合わせてコンテナに植え込む。

コンテナの選択から始まり、植物の色や高さ特徴を考えながらの寄せ植えは無限の可能性がありとても楽しい作業です。時には後から出てくる球根を仕掛けておくこともあり、一つのコンテナを長ければ半年ほど楽しむことができます。

寺内医院の植栽に関しては私と同じように植物が好きな先代院長が管理してくださっていたのですが、高齢になり2017年の春に施設へ引っ越してしまいました。

管理をしない生き物って本当にダメになっていきます。時々枯れた植物が植えっぱなしになり忘れ去られたコンテナを見かけることがありますが、何もないより景観をそこねますよね。そこで業者を探して管理をお願いしてみたのですが、やはり毎日手をかけてあげる人がいないと植物は綺麗に育ち続けることはできません。開業医の仕事と家事、子育てで忙しかったので心配しながらも自分で始めてみたら、やはり本来好きなことだったのですっかり楽しくなってしまいました。クリニックの景観を保つため、そして来院された患者さまの癒しになればと願って毎日せっせとお世話をしていましたが今では一番癒されているのは自分自身だと感じています。小さくても凛として咲く花や瑞々しい葉、土を触る感触、全てに安らぎを感じます。

とはいえやる事は沢山あります。毎日の水やりもそれぞれの性質を考えさらに天候や土の乾き具合を確認しないと萎れてしまったり根腐れを起こしてしまったり。定期的な肥料の追加も単純ではありません。肥料を必要としている時とそうでない時がありますし、植物によって肥料の好みも違ってきます。他にも害虫駆除や草むしり、支柱が必要なものなどなど盛りだくさん。。植物を育てていて一番大事な事は毎日見ること、その一言に尽きます。しっかり見て変化に対応しその植物の持ってる力を最大限発揮できるようにお世話をしています。

こういった作業はとても子育てに似ていると私は感じています。3人産んで育ててみて一番驚いたのはあまりに一人一人が違うという事です。そしてこれは子育てしている方なら誰でも感じると思いますが絶対に親の思い通りにはなりません。むしろこちらが望んでいる事と真逆の方向へ行こうとする事も多いです。さんざん悩みながらもやってきた子育てですが随分時間が経って子供たちも大きくなり今確信を持って言えるのはちゃんと毎日見てあげる事が大事だという事です。しっかり見てあげて子供の能力を信じ何が本当に必要か考え助ける、これからもそんな育児をしていきたいと思っています。そして自分の経験を産婦人科医としての仕事にも活かしていければと願い毎日の診療を行っております。初めて行く婦人科のクリニックには不安を感じると思います。相談内容もちょっと恥ずかしいと思う事や言いにくい事もあるかと思います。そして婦人科の診察は誰にとっても嫌なもの。そういった事は十分理解しております。どうぞどんな世代の方もお気軽に寺内医院へお越しください。